真正保守主義の会

高貴な自由と美しき倫理の満ちる日本を目指して

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッチャリズムに学ぶ 4 (富を罪だとすることの致命的誤り)

〈サッチャーが保守党党首就任時の「デイリー・グラフ」紙・社説の内容〉

サッチャー夫人がどのような指導者になるのかいまは断言できない。

・・・しかし、この時点で一つだけはっきりしていることがある。
サッチャー夫人が筋金入りの闘士だということだ。

一生懸命働くことの価値を重んじ、それに成功という大きな見返りがあることを信じている。
彼女自身、質素な家庭に育ち、自分の努力と能力と勇気で道を切り開いてきた。
親ゆずりの富や特権とは無縁な人である。
それゆえ、彼女は20世紀の保守党が富を罪だとした致命的な、象徴的な過ちを犯さないように心すべきである。
この過ちのおかげで、保守党員たちは社会主義に対抗して資本主義を擁護するとき、自分たちが道徳的な面で不利な立場に置かれていると考えることがあまりに多かった。
イギリスが転げ落ちるように集産主義への道を進んでしまったのは、これが一つの理由である。
サッチャー夫人がなすべきことは、社会主義に対する保守党の攻撃に欠けている道徳的な意味を与えることである。
もし、それが出来るならば、彼女の党首就任はこの国の政党政治をめぐる議論を大きく変える結果を生むであろう』

それは、途方もない挑戦であった。
だが、私はこのとき、それがどれほどすさまじいものになるかに気づいていなかった


(サッチャー『サッチャー私の半生[上]』、日本経済新聞社、374~375頁)


『エドマンド・バーク保守主義』より転載しました。
http://www.geocities.jp/burke_revival/thatcherism.htm



(続く)

テーマ:日本を正常な国に戻したい - ジャンル:政治・経済

前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。