真正保守主義の会

高貴な自由と美しき倫理の満ちる日本を目指して

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッチャリズムに学ぶ 1

日本が今直面している危機は、かつての「英国病」に酷似しています。
であるならば、英国病を退治した、かつての英国の大宰相・M.サッチャーに学ぶべきでしょう。


『エドマンド・バーク保守主義』より
http://www.geocities.jp/burke_revival/thatcherism.htm

私の政治的体質にとって一貫して重要であり、続けた伝統的な経済自由主義――それはエドマンド・バーク自身も奉じていたものだった――は、もっと高い社会階級出身の保守党員にとっては、往々にして異質で、性に合わないものだった。
結局のところ、広範な生産とサービスの分野に国家統制と計画を拡張することを提案したのは、1938年、大きな影響力をもった『中道の道』という本を書いたハロルド・マクミランその人にほかならなかった。
ほかの保守党員は、どんな種類の理論も受け入れようとしなかった。
彼らは、J・S・ミルが使った“愚かな党”という名称を賛辞だと受けとったのである。
社会主義的計画や社会主義国家に対する、もっとも説得力あふれる批判の書として、私がこのころ読み、その後もたびたび読み返しているのは、F・A・ハイエクの『隷従(隷属)への道』だが、この本はよく知られているように「すべての党の社会主義者たちに」捧げられている。
・・・ハイエクの主張を保守党支持者が賛同する種類の国家――法の下の小さな政府――という観点から考えるようになった。


ハイエクは、ナチズム――国家社会主義――は19世紀ドイツの社会計画にそのルーツがあると見ていた。

彼は、国家が経済や社会のある分野に介入すれば、他の分野にまで介入を拡大しようとする、ほとんど抗いたがい圧力が生まれると見ていた。

彼は何世紀にもわたって発展を続けた西欧文明にとって、国家計画がどれほど重大な革命的な意味を持つかについて、われわれに警告を発したのだった。

(M.サッチャー『サッチャー私の半生[上]』、日本経済新聞社、80~81頁)


(続く)

テーマ:日本を正常な国に戻したい - ジャンル:政治・経済

コメント

左翼思想死滅への序章

1789年のフランス革命からおよそ200年の時を経て、エドマンド・バークの保守主義は、完全な姿で、いや、トックヴィルやハイエクの思想に強化され、中川八洋の著作群を通じて21世紀の日本に上陸し復活しました。
残念なことでしょうが、この事実は左翼・極左思想にとってもはや致命的であり、すでに「死滅への道」を歩み始めたのです。

  • 2012/04/25(水) 13:49:09 |
  • URL |
  • えどこん #1Nt04ABk
  • [ 編集 ]

左翼は打倒あるのみ!

初めてコメント致します。先ず、我が国は「見えない内戦」状態にある事を肝に銘じて下さい。我々真正保守主義者が相手にしているのは「単なる政治思想集団」ではなく、「好戦的カルト集団」であるという事を。打倒すべき集団というか奴輩は以下の連中です。「敵は誰か」を改めて確認して下さい。
●共産党 ●社民党 ●民主党
●みんなの党 ●大阪維新の会
●減税日本 ●中核派 ●革マル派
●革労協各派 ●創価学会 
●幸福の科学 ●オウム真理教
●部落解放運動(エタ・非人の末裔)
●在日朝鮮人勢力(特に北鮮系)
●共同・朝日・NHKを始めとする全ての反日メディア(出版・雑誌社含む)
●暴力団(街宣右翼含む)
●民族派(渡部昇一や八木秀次などの「まだマシ」な人物を除く。主として「女性天皇・宮家」「反米」「反原発」をガナリ立てている奴輩)

  • 2012/05/06(日) 19:57:40 |
  • URL |
  • ストライクイーグル #Jd8xHZ8E
  • [ 編集 ]

えどこん様

はじめまして。暫定的に?私が管理人をしております。
まだ立ち上げたばかりのブログで、なかなか上手く出来ていませんが、どうぞ宜しくお願いします。

バーク保守主義は、そのエッセンスが「フランス革命の省察」に集約されてはおりますが、内容が難解であり、なかなか多くの人に理解していただきにくいものです。

しかし、ハイエク全集がバークの哲学を補強しており、更に、中川教授の著作群が日本人にも分かりやすく、体系的に纏められております。

これらの内容の普及活動を行うことが、日本再生のために欠かせないものであり、是非、多くの方に「真正の保守主義の哲学」で思想武装をして頂きたいと思っています。

  • 2012/05/07(月) 21:13:53 |
  • URL |
  • megumi #-
  • [ 編集 ]

ストライクイーグル様

こちらにもコメントを頂戴し、誠にありがとうございます。


>「敵は誰か」を改めて確認して下さい。

非常に当然かつ重要なことですが、敵が誰か分からずに「従軍慰安婦」「南京大虐殺」「韓流ブーム」などの虚構を何度暴いても、ほとんど無意味なことに多くの「愛国者」は気付いていません。

私自身、保守主義の哲学を学ぶ中で痛感したのは、日本に保守主義の哲学を学ぶ人はおろか、哲学以前に「国債を刷りまくってデフレ脱却」、「国民の生活が第一」などというのがデマだということに気付かない人が圧倒的大多数であるという驚愕すべき事実です。

「事実関係の確認」「話の辻褄合わせ」という、極めて基礎的なことが出来ず、当然ながら保守主義の哲学による判断基準も持たない人が多すぎるのが現状です。

インターネット上で情報が入手しやすくなっても、事実関係を確認する癖や、ブレない視座(保守主義の哲学)を身に着けていなければ、ほとんどの情報が無意味か有害になってしまします。

列挙していただいた集団のうち、共産党や社民党、民主党は、まだ、分かりやすいでしょう。

しかし、例えば、民族派に巣食うコミュニストには、ほとんど無防備であるのが実態でしょう。

羊頭狗肉とは、まさにこのことで、民族派の中には、確信犯的に我が国を亡国に導く者達が、多数存在します。

「敵は誰か」を見極めるための哲学の普及活動は容易では無いことは覚悟していますが、少しずつですが、確実に広まって来ているとの手応えは感じています。

今後もご意見等を頂戴できましたら幸いです。

どうぞ宜しくお願いします。

  • 2012/05/07(月) 21:39:47 |
  • URL |
  • megumi(暫定的?管理人) #-
  • [ 編集 ]

御互い頑張りましょう

megumi様
此方こそ宜しく御願い致します。
「反日」の個人の面においても、中西輝政/佐藤優/田母神といった奴輩がまだ「保守・愛国」と思われ、又、「保守主義」を気取るブログで名前は敢えて言いませんが(うまやど様がTwitterでよく引用されています)幸福実現党を「一番まとも」と脳天気に上げたりするのがいる始末ですので、其の為にも「読書力」と「調査力」を絶えず鍛える事ですね。「ルソー・マルクス教(狂)」の完全撲滅の為にも、御互い頑張ってまいりましょう。

  • 2012/05/08(火) 19:31:46 |
  • URL |
  • ストライクイーグル #i71gHzAs
  • [ 編集 ]

奉悼 寛仁親王殿下

薨去あそばされた寛仁親王殿下に、謹んで弔意を表し奉ります。

  • 2012/06/06(水) 19:04:54 |
  • URL |
  • ストライクイーグル #h.iKHvGw
  • [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2012/06/27(水) 14:14:10 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jpnconservatism.blog.fc2.com/tb.php/1-f176e84b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。